製品情報

 

新しい生地の特徴

■無孔質フィルム(フィルター部分)

従来の多孔質フィルムの小さな穴から蒸気を逃がす構造から、無孔質フィルムの構造で水分子を吸い上げ蒸散させる構造へと変わったことにより、感染防止衣全体のバリア性を一律に保つことが可能になりました。

 

SFS生地 説明

 

アイテックス感染防止衣の特徴

■最高レベルのバリア性
人工血液バリア性 クラス6合格(JIS T 8060 D法)
ウイルスバリア性 クラス6合格(JIS T 8061 D1法)

 

■無孔質フィルムの採用

他社にはない、弊社独自の無孔質フィルムを用いた感染防止衣の生地(SFS)で、最高のバリア性を均質に保ったまま、出動時の隊員様をプロテクトいたします。

 

■強度の向上

従来の生地に比べ、約65%強度が向上いたしました(当社比)。常に最前線で活動される救急隊員様の、感染防止衣破損による感染リスクを一層軽減いたします。

 

災害用備蓄品に最適なアイテックス製品

20年以上に渡り医療用不織布メーカーとして医療現場をサポートし続けてきた実績のもと、ディスポーザブルの感染対策製品や救急バッグ等、多くの病院等の医療施設や各都道府県・官公庁及び民間企業にも災害用備蓄品として多く採用されております。